●元盲導犬パピーの黒ラブ「ぐり」が看板犬のぐり石けん。犬のアロマテラピーや手作り食、ドッグマッサージについての情報を発信します!
by fly_to_roof
プロフィールを見る
画像一覧
犬の手作り食無料メールセミナー
★犬の手作りごはんの疑問を解消する8日間無料メールセミナー配信中!!★



こんな疑問をお持ちの方、不安を感じておられる方へ

「キャベツを与えすぎると、犬の甲状腺が腫れる?」
「犬に生卵の白身を与えてはいけないの?」
「犬に牛乳は良くないっていうのは本当?」
「犬にブドウを与えると腎臓障害を起こすというのは本当?」

ペット食育指導士(上級)、ドッグホームケアセラピストの諸橋直子が上記の疑問を分かりやすく解説しています。不安のお持ちの飼い主さんのお役にたてれば幸いです。

>>今すぐ無料で受講を申し込む!!




【犬のためのアロマ+リンパマッサージテキスト無料配布中】


Office Guriの「ドッグアロママッサージ」セミナーで実際に使用されているテキストをご自宅で学べるようアレンジして無料で配布しています。

既に多くの飼い主さんがこのテキストで学ばれています。マッサージが初めての方でも「家でも簡単にできました!」「愛犬が毎晩マッサージをせがんでくるのがたまらなく嬉しいです!」と効果を実感していただきやすい内容です。

→アロマテキストの無料ご請求はこちらから!!


【犬が身近で出会う中毒植物】


公園で出会う植物、自宅の観葉植物、庭の草花・・・。そんな身近な植物の中にも、犬が誤って口にすると中毒症状を起こすものがたくさんあることをご存知ですか?

Office Guriでは、そんな身近な植物の中で特に気をつけていただきたいものをリストアップし、電子書籍として配布しています。

→テキストの無料ご請求はこちらから!!


黒ラブ:ぐりプロフィール


●ぐり
2005年6月8日、北海道札幌市生まれ。在住。女の子。父オディ×母グッチの6番目の子。盲導犬パピーとして生まれる。適正検査の結果、キャリアチェンジが決定し、姉さんの家の子になりました。現在は「ぐり石けん」の社長を務めるのんびり犬。




●Naokoプロフィール


●諸橋直子(姉さん、Naoko)
1974年12月25日、北海道札幌市生まれ。在住。A型。
インテリアメーカー、広告会社勤務を経て、犬好きが昂じて「ぐり石けん」を立ち上げました。


保有ライセンス:ペット食育指導士(上級)、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物飼養管理士(2級)

【ぐり石けん】
犬のためにひとつひとつ手作りしている犬用石けんシャンプー「ぐり石けん」。
オリーブオイルを主原料に、植物素材にこだわって、無添加で作っています。

● ぐり石けんHPはこちら

【須崎動物病院:栄養スープの素】


病気の回復期や、術後で体力が落ちている時に、体のエネルギーをセーブしながら栄養が摂取できる「栄養スープの素」。獣医師で手作り食の臨床経験が豊富な須崎先生プロデュースで安心♪ 元気な犬にももちろんオススメです!
実際に使ってみました!レポートはこちら。


【ホリスティックケア・カウンセラー養成講座】
GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

現在、私が犬の仕事を始めるための、はじめの基礎となった知識を身につけた講座です。 今後、犬の仕事をしたい方に特にオススメです。 家庭でのケアを充実させたい方のための知識も学べます。⇒詳細の確認と無料資料請求はこちら。



【フレッシュドライフード Now!】


ぐりのキャリアチェンジ後、何か良いフードはないかな? とお試しキャンペーンでトライアル下のがきっかけで、お気に入りフードとなりました♪食材の新鮮さと安全にこだわりたい方にお勧めです。⇒実際に使ってみました!レポートはこちら!

【リンク集】
Office Guri公式サイト
ぐり石鹸ストア
ぐり石鹸FC2支店
メルマガぐり通信登録
メルマガぐり通信バックナンバー
Office Guri Facebookページ
みんなのぐり、とその姉さんOfficial

フォロー中のブログ
ワンコのかあさんからの便...
隠居の幸せ貯金箱
三浦市の ハーイ! 2代...
ゆったりと
TIKILOVE
go!go! LUKE ...
駅風呂やめました本舗
range life
私的ツール・ド・フランス...
あんずとラブ
シッポを振って♪どこまで...
いぬ日和。時々寄り道。
カテゴリ
全体
ぐりのごあいさつ(プロフィール)
食事
野菜ごはん
生活
犬そだて
作品
旅行だよ

けんこう
アロマテラピー検定
FX
アロマテラピー
バッチフラワーレメディ
ハンドメイド・ソープ
アロマ・インストラクター対策
花そだて
BOOK KEEPING!!
キャンプ!
セミナー*
ホリスティックケア
犬の手作りごはん・食育
プロフィール
製品レビュー
犬のための電子書籍ライブラリ
未分類
以前の記事
2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
2010年 11月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
タグ
(888)
(856)
(749)
(100)
(94)
(83)
(76)
(64)
(60)
(54)
(34)
(29)
(27)
(18)
(13)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
犬
画像一覧
ぐり、韓国で紹介される(予定)

先日、北海道盲導犬協会の方より電話があり
ぐりが韓国の雑誌(機関紙のようなもの)に紹介されることになりました(予定)。

ぐりの父さんは韓国のオディ号という黒ラブで
スポンサーはあの、世界のサムソンだそうな。

そのオディ号の子供が日本でこんな風に、
元気に育っていますよ~と載るらしい。

ここ最近の写真は解像度ばっちりなのですが
過去の写真はいまいちなので
火曜日に会社で休憩時間にちょっと加工しようと思っております。

b0000885_9525323.jpg

子供の頃の豆ぐりさんシリーズ。
うちに来て、1ヶ月弱の頃。


昨日、旅行業界に身を置くiさんが言っていたことですが
基本的に盲導犬は国際線(飛行機)に乗れるので
あとは渡航先の国の動物検疫の条件をクリアいることが課題になるということで
(国によって条件が違う)
日本国内は基本的に飛行機大丈夫なんだそうな。

iさんは海外の企画をしているので
直接国内の旅行を作ることは今はないけれど
ユーザーさん&盲導犬が参加できる国内ツアーが
まずあると楽しいだろうなあ、ということを言っていた。

どういうところが旅行先としていいのか、直接ユーザーさんに
聞いたりして、将来的には何か盲導犬がらみで海外ツアーも企画してみたいね、
なんて言っていた。
頼もしいぞ!





一方で、昨日ぐりを連れていて
不快な目にも遭ったのでここに書いておきます。

ニセコで湧き水を汲めるところがありました。
水は美味しそうだったし、私自身も近くで見たいこともあり
でも直接そこにぐりを連れて行くと、衛生面で気にする人たちもいるだろうから
(京極の噴出し公園は、湧水エリアはペット立ち入り禁止だったことを踏まえて)
ちょっと離れたところからぐりに見せてやろう、と近づいたときのこと。

先に水を汲んでいたおっさんに
「犬は止めてください!!僕犬嫌いなんですよ!かまれたことがあるんですよ!!」
と露骨に嫌な顔をされて静止された。

まあ、嫌なものは仕方がない、と私とiさんは、すみませんねー、と
その場を立ち去ることにしたのだが
そういう私たちに向かってそいつはさらに
「犬に噛まれたら、狂犬病になるからね!犬は止めてください」
と、言いやがった。

あのさあ、ここペット立ち入り禁止区域じゃないわけで
犬だろうが人間だろうが自由に行き来していいところだよね。

それを私たちは、犬が嫌いだという君のために、その場を譲って
立ち去ろうとしているわけだ。

何かその人は、ちょっとおかしい感じの人で
挙動不振な感じもしたので、私たちは、はいはい、と
その場を立ち去ったのだが、しばらくは不愉快で
何でたったそれだけのことでむかむか来るのかわからなかったくらいだ。

不快感があまりに長く続くのが不思議で仕方がなかったのだけれど
要は、突然悪意をばん! と正面からぶつけられて、そのことにあまりにびっくりして
しかもその毒に当てられてしまった自分のことが情けなかったことが一番だろう。

こういう人に
「この犬は、狂犬病の予防接種も受けていますし
私たちがリードをつけて他人に危害を加えないようきちんと管理しています。」
と言っても無駄だし、
犬が嫌いな人に対して、無理矢理犬を好きになってもらおうとも思わない。

ただ…ぐりがもし盲導犬になって社会に出て行ったときに
何かしらの悪意は受けることもあるだろう、と思うと少し暗い気持ちになった。
こういう出来事は
そのときに一緒にいるであろう、ユーザーさんの気持ちも影を落とすだろう。
ペットだったら、飼い主という立場で守ってやれるが
仕事をする犬になった場合、その意味合いはがらりと変わるだろう。

それでも、そういうことを言って悪意を撒き散らして
他人に暗いエネルギーを発散する人たちの人生は
その程度のものでしかない。

ぐりは今、たくさんの人に愛されて、大事にされて充電しているエネルギーを
自分とユーザーさんのために使って、堂々と生きていけばいいのだ。
そのことの方がよほど価値があることだろう、というあたりに気持ちが落ち着いたらあたりで
何だかすっきりした。
[PR]
by fly_to_roof | 2006-07-17 09:52 | 犬そだて