「ほっ」と。キャンペーン

●元盲導犬パピーの黒ラブ「ぐり」が看板犬のぐり石けん。犬のアロマテラピーや手作り食、ドッグマッサージについての情報を発信します!
by fly_to_roof
プロフィールを見る
画像一覧
犬の手作り食無料メールセミナー
★犬の手作りごはんの疑問を解消する8日間無料メールセミナー配信中!!★



こんな疑問をお持ちの方、不安を感じておられる方へ

「キャベツを与えすぎると、犬の甲状腺が腫れる?」
「犬に生卵の白身を与えてはいけないの?」
「犬に牛乳は良くないっていうのは本当?」
「犬にブドウを与えると腎臓障害を起こすというのは本当?」

ペット食育指導士(上級)、ドッグホームケアセラピストの諸橋直子が上記の疑問を分かりやすく解説しています。不安のお持ちの飼い主さんのお役にたてれば幸いです。

>>今すぐ無料で受講を申し込む!!




【犬のためのアロマ+リンパマッサージテキスト無料配布中】


Office Guriの「ドッグアロママッサージ」セミナーで実際に使用されているテキストをご自宅で学べるようアレンジして無料で配布しています。

既に多くの飼い主さんがこのテキストで学ばれています。マッサージが初めての方でも「家でも簡単にできました!」「愛犬が毎晩マッサージをせがんでくるのがたまらなく嬉しいです!」と効果を実感していただきやすい内容です。

→アロマテキストの無料ご請求はこちらから!!


【犬が身近で出会う中毒植物】


公園で出会う植物、自宅の観葉植物、庭の草花・・・。そんな身近な植物の中にも、犬が誤って口にすると中毒症状を起こすものがたくさんあることをご存知ですか?

Office Guriでは、そんな身近な植物の中で特に気をつけていただきたいものをリストアップし、電子書籍として配布しています。

→テキストの無料ご請求はこちらから!!


黒ラブ:ぐりプロフィール


●ぐり
2005年6月8日、北海道札幌市生まれ。在住。女の子。父オディ×母グッチの6番目の子。盲導犬パピーとして生まれる。適正検査の結果、キャリアチェンジが決定し、姉さんの家の子になりました。現在は「ぐり石けん」の社長を務めるのんびり犬。




●Naokoプロフィール


●諸橋直子(姉さん、Naoko)
1974年12月25日、北海道札幌市生まれ。在住。A型。
インテリアメーカー、広告会社勤務を経て、犬好きが昂じて「ぐり石けん」を立ち上げました。


保有ライセンス:ペット食育指導士(上級)、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物飼養管理士(2級)

【ぐり石けん】
犬のためにひとつひとつ手作りしている犬用石けんシャンプー「ぐり石けん」。
オリーブオイルを主原料に、植物素材にこだわって、無添加で作っています。

● ぐり石けんHPはこちら

【須崎動物病院:栄養スープの素】


病気の回復期や、術後で体力が落ちている時に、体のエネルギーをセーブしながら栄養が摂取できる「栄養スープの素」。獣医師で手作り食の臨床経験が豊富な須崎先生プロデュースで安心♪ 元気な犬にももちろんオススメです!
実際に使ってみました!レポートはこちら。


【ホリスティックケア・カウンセラー養成講座】
GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

現在、私が犬の仕事を始めるための、はじめの基礎となった知識を身につけた講座です。 今後、犬の仕事をしたい方に特にオススメです。 家庭でのケアを充実させたい方のための知識も学べます。⇒詳細の確認と無料資料請求はこちら。



【フレッシュドライフード Now!】


ぐりのキャリアチェンジ後、何か良いフードはないかな? とお試しキャンペーンでトライアル下のがきっかけで、お気に入りフードとなりました♪食材の新鮮さと安全にこだわりたい方にお勧めです。⇒実際に使ってみました!レポートはこちら!

【リンク集】
Office Guri公式サイト
ぐり石鹸ストア
ぐり石鹸FC2支店
メルマガぐり通信登録
メルマガぐり通信バックナンバー
Office Guri Facebookページ
みんなのぐり、とその姉さんOfficial

お気に入りブログ
ワンコのかあさんからの便...
隠居の幸せ貯金箱
三浦市の ハーイ! 2代...
ゆったりと
TIKILOVE
go!go! LUKE ...
駅風呂やめました本舗
range life
私的ツール・ド・フランス...
あんずとラブ
シッポを振って♪どこまで...
いぬ日和。時々寄り道。
カテゴリ
全体
ぐりのごあいさつ(プロフィール)
食事
野菜ごはん
生活
犬そだて
作品
旅行だよ

けんこう
アロマテラピー検定
FX
アロマテラピー
バッチフラワーレメディ
ハンドメイド・ソープ
アロマ・インストラクター対策
花そだて
BOOK KEEPING!!
キャンプ!
セミナー*
ホリスティックケア
犬の手作りごはん・食育
プロフィール
製品レビュー
犬のための電子書籍ライブラリ
未分類
以前の記事
2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
2010年 11月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
タグ
(888)
(856)
(749)
(100)
(94)
(83)
(76)
(64)
(60)
(54)
(34)
(29)
(27)
(18)
(13)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
イヌ
画像一覧
<   2005年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ラーメンのこと。
こどもの頃、ラーメンを好きだったような記憶があります。
ここでいうこどもの頃というのは、主に小学生時代をさす。

ラーメンというのは、たいてい親と一緒に食べにいくものでした。
なので、親とは生活がだんだんと別になり
友達と遊ぶのが楽しくなるにつれて
私とラーメンはちょっとずつ疎遠になっていきました。

新しいお店がたくさんできて
いろいろと凝った作りのラーメンを出すところも増えたので
ここはひとつ、出かけてみましょうか、と
ふたたびラーメンとちょっと近しくなったのは
ごく最近のことです。


ステラプレイスというところに
竹麓輔商店(たけろくすけしょうてん)というお店があります。

そこのラーメンを食べたとき
「あ、ラーメンに関する私の記憶は間違っていた!」
とびっくりしました。

あまりに美味しかったので。

そして、本当はラーメンが好きだったのだけれど
一人でラーメン屋に入る度胸がさすがになった十代とか
ダイエットなどを意識して、高カロリーで
汁まで飲んだら絶対むくんで太るし…という
いろいろな思い込みが
私をラーメンから遠ざけていたのだな。

そうじゃなければ、こんなに美味しいものと
こんなに長く疎遠でいられたわけがない、
という結論にいたる。

しかし。

ちょっと気分を変えたくて
別のお店で味噌ラーメンを食べたとき、はっとしました。
「これが、私が確かに食べていた味噌ラーメンの定番だわ」
と。

b0000885_1343494.jpg


記憶にあったのは、こっちの方(↑)の味噌ラーメン。

竹麓輔商店の方は…日本にいろいろな食文化がどっと押し寄せて
その中で考え抜かれて、いろいろなものの中で磨かれて
生まれてきたラーメン。

そして私が好きなのは、後者の方なのでした。

ラーメンが、私の知らない間に成長して
どんどん洗練されていったのだなあ、というのが
まず新鮮なおどろきで
そしてラーメンというものから喚起される味の記憶を
完全に新しいものの方に塗り替えることに
私は決めました。


こうやって人生のスタンダードすらちょっとずつ変えていくのが
時間の偉大なところだし
そして長く生きていて、日々を豊かにする醍醐味かも…と
ラーメンひとつでそこまで何を?と思わなくもないけれど
やはりそう考えてしまうだから
それはそういうとりあわせなのでしょう。

ここ数日、ばかみたいな忙しさの中で
日々こういうことをちょっとずつ考えいたのですが
日曜の午後、落ちついてのんびりと
こういう記録に残しておける楽しみよ、と思いつつ
イタリアンローストの濃いコーヒーを飲んでいることです。
[PR]
by fly_to_roof | 2005-01-30 13:26 | 作品
ワッフル、ワッフル。
私のワッフルだましいに火をつけたのは
(…そんなものがあるのか、という疑問はさておき)
職場のまん前にある、スターバックスでした。

b0000885_12432828.jpg


本日のコーヒーを頼むとき
ここ最近はずっとトール・サイズです。
ワッフルにはすすめられるままに
ホイップクリームをつけてもらいます。



b0000885_12455760.jpg


メイプルシロップをかけて、いただきます。

お昼どき、ソファに深く腰かけて
温かいコーヒーを飲み
甘くてふんわりしているワップルを食べると
本来外に出すべきなのだけれど
いろいろな都合で滞ってしまったエネルギーなどが
静かに放電されていくのがわかります。

b0000885_12485337.jpg


だからきっと…世の中にはカフェが必要だし
温かく、おいしいものを出す場所を作るという
いい感じの欲望の数だけ店があるのだろう、
そして、その明るくてふわりとした空気を求める人たちの
エネルギーと交じり合い
店の命が吹き込まれて
場所自体が生きているような…あの私が一番好きな
店というものが持つよきものの全てが生まれるのだろうな。

ということを、昼休みのいっとき
考えたことですよ。
[PR]
by fly_to_roof | 2005-01-30 12:54 | 食事
白檀とミツロウクリーム。
b0000885_12221363.jpg

お香とお香たてを買いましたよ。
香りは白檀です。


b0000885_12252785.jpg

ミツロウでクリームも作ってみました。
ミツロウ+アーモンドオイル+水を温めて混ぜるだけ。
香りづけにはラベンダーと柚子を入れました。

感触が、バタークリームみたいです。

ニールズヤードのクリームの入れ物が空いたので
その中に入れてみました。

これから使うのが楽しみです。
[PR]
by fly_to_roof | 2005-01-16 12:31 | 生活
チキンのココナッツ・イエローカレー、タリーズ カラメル・ラテ(トールサイズ)
街で映画を観たあとに、お腹が空いたのでHattiへ。

いつもここに来るとフォーばかり
しかもトムヤム・フォーばかり食べてしまうので
今日は鉄の意志でカレーを食す。
(本当は限定メニューの蝦入りフォーでちょっと迷ったが
どうにか初心貫徹)

b0000885_21124065.jpg

すごく辛いですよ! と脅された割には、普通の辛さだった
チキン・イエローカレー。

そして今日は、私がいつも苦手だ…と
思っている男の店員さんがいた。

彼はすごくてきぱきしているし…仕事熱心なのだが
その熱心さがぐいぐい前面に出ているので
それがいまいち私をくつろがせないのでは…と
ようやく思い当たる。

そんなに忙しくないのに、カラトリをすばやく引き出しにしまおうとして
がらがらとでかい音を立てたり
角っこに座っている私の肩すれすれのところを
皿を持ってびゅんびゅん飛び回るような動きをするところとか。

会計のときに間違って50円玉を落としてしまったときに、
「大丈夫ですかっ」
と、とてもおおごとのように反応してくれるところとか。

たかが50円玉が落ちただけじゃん!

親切なのはわかるが自分で拾えるし
大声を出される方が恥ずかしいのです。
もっと気楽に行こうよ…それにいろいろと
あんまり急がなくてもいいと思う。

これはお客を待たせることが
たとえ1秒でも罪悪だと思っているようにしか見えない
職場近くのセブンイレブンの店員さんにも言えることだ。

本人がリラックスしていないと
周りの人間にもその影響を与えてしまうのだ…と
自分のことについてもあれこれ考える。


飯が本当に魔法のように好きな味なのでものすごく頻繁に行っている。
それなのに馴染めないって
悲しい相性だなあ! でもまた行くけれど。


b0000885_21261647.jpg

サフランライス。
出てきたときは
「しまった、ライスの量が多い。少なめにしてもらえばよかった…」
などと思ったくせに、
しっかりとカレーと共に平らげる。

カレーは、白いんげん豆が入っているところが素晴らしい。

b0000885_21273870.jpg

本を買い、少し疲れたのでタリーズへ。

カラメル・ラテ。トールサイズ。

b0000885_21282454.jpg

外が氷点下だったので、温かくて、いい香りがして、甘くて…
そして本に夢中になり、しばらくした頃にふと気付くと
中年の男女が二人で、同じ年頃の女性を相手に
何かを語っていたが…その中に『神』という言葉が
あまりにひんぱんに出てくるのでびっくりした。

偏見が多分に含まれていることを差し引いても
私は自分の直感を信じる。
あれはまぎれもない勧誘だろう。
[PR]
by fly_to_roof | 2005-01-10 21:38 | 食事