●元盲導犬パピーの黒ラブ「ぐり」が看板犬のぐり石けん。犬のアロマテラピーや手作り食、ドッグマッサージについての情報を発信します!
by fly_to_roof
プロフィールを見る
画像一覧
犬の手作り食無料メールセミナー
★犬の手作りごはんの疑問を解消する8日間無料メールセミナー配信中!!★



こんな疑問をお持ちの方、不安を感じておられる方へ

「キャベツを与えすぎると、犬の甲状腺が腫れる?」
「犬に生卵の白身を与えてはいけないの?」
「犬に牛乳は良くないっていうのは本当?」
「犬にブドウを与えると腎臓障害を起こすというのは本当?」

ペット食育指導士(上級)、ドッグホームケアセラピストの諸橋直子が上記の疑問を分かりやすく解説しています。不安のお持ちの飼い主さんのお役にたてれば幸いです。

>>今すぐ無料で受講を申し込む!!




【犬のためのアロマ+リンパマッサージテキスト無料配布中】


Office Guriの「ドッグアロママッサージ」セミナーで実際に使用されているテキストをご自宅で学べるようアレンジして無料で配布しています。

既に多くの飼い主さんがこのテキストで学ばれています。マッサージが初めての方でも「家でも簡単にできました!」「愛犬が毎晩マッサージをせがんでくるのがたまらなく嬉しいです!」と効果を実感していただきやすい内容です。

→アロマテキストの無料ご請求はこちらから!!


【犬が身近で出会う中毒植物】


公園で出会う植物、自宅の観葉植物、庭の草花・・・。そんな身近な植物の中にも、犬が誤って口にすると中毒症状を起こすものがたくさんあることをご存知ですか?

Office Guriでは、そんな身近な植物の中で特に気をつけていただきたいものをリストアップし、電子書籍として配布しています。

→テキストの無料ご請求はこちらから!!


黒ラブ:ぐりプロフィール


●ぐり
2005年6月8日、北海道札幌市生まれ。在住。女の子。父オディ×母グッチの6番目の子。盲導犬パピーとして生まれる。適正検査の結果、キャリアチェンジが決定し、姉さんの家の子になりました。現在は「ぐり石けん」の社長を務めるのんびり犬。




●Naokoプロフィール


●諸橋直子(姉さん、Naoko)
1974年12月25日、北海道札幌市生まれ。在住。A型。
インテリアメーカー、広告会社勤務を経て、犬好きが昂じて「ぐり石けん」を立ち上げました。


保有ライセンス:ペット食育指導士(上級)、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物飼養管理士(2級)

【ぐり石けん】
犬のためにひとつひとつ手作りしている犬用石けんシャンプー「ぐり石けん」。
オリーブオイルを主原料に、植物素材にこだわって、無添加で作っています。

● ぐり石けんHPはこちら

【須崎動物病院:栄養スープの素】


病気の回復期や、術後で体力が落ちている時に、体のエネルギーをセーブしながら栄養が摂取できる「栄養スープの素」。獣医師で手作り食の臨床経験が豊富な須崎先生プロデュースで安心♪ 元気な犬にももちろんオススメです!
実際に使ってみました!レポートはこちら。


【ホリスティックケア・カウンセラー養成講座】
GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

現在、私が犬の仕事を始めるための、はじめの基礎となった知識を身につけた講座です。 今後、犬の仕事をしたい方に特にオススメです。 家庭でのケアを充実させたい方のための知識も学べます。⇒詳細の確認と無料資料請求はこちら。



【フレッシュドライフード Now!】


ぐりのキャリアチェンジ後、何か良いフードはないかな? とお試しキャンペーンでトライアル下のがきっかけで、お気に入りフードとなりました♪食材の新鮮さと安全にこだわりたい方にお勧めです。⇒実際に使ってみました!レポートはこちら!

【リンク集】
Office Guri公式サイト
ぐり石鹸ストア
ぐり石鹸FC2支店
メルマガぐり通信登録
メルマガぐり通信バックナンバー
Office Guri Facebookページ
みんなのぐり、とその姉さんOfficial

フォロー中のブログ
ワンコのかあさんからの便...
隠居の幸せ貯金箱
三浦市の ハーイ! 2代...
ゆったりと
TIKILOVE
go!go! LUKE ...
駅風呂やめました本舗
range life
私的ツール・ド・フランス...
あんずとラブ
シッポを振って♪どこまで...
いぬ日和。時々寄り道。
カテゴリ
全体
ぐりのごあいさつ(プロフィール)
食事
野菜ごはん
生活
犬そだて
作品
旅行だよ

けんこう
アロマテラピー検定
FX
アロマテラピー
バッチフラワーレメディ
ハンドメイド・ソープ
アロマ・インストラクター対策
花そだて
BOOK KEEPING!!
キャンプ!
セミナー*
ホリスティックケア
犬の手作りごはん・食育
プロフィール
製品レビュー
犬のための電子書籍ライブラリ
未分類
以前の記事
2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
2010年 11月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
タグ
(888)
(856)
(749)
(100)
(94)
(83)
(76)
(64)
(60)
(54)
(34)
(29)
(27)
(18)
(13)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
犬
画像一覧
キャベツ食え!!!!
おはようございます!

b0000885_64802.jpg


昨日はかかりつけの獣医さんの日曜診療で
しっかりエコーとレントゲンで胃をチェックしていただいたぐりさんです。

みなさんにはいろいろとご心配をいただき、ありがとうございました!
ぐりさんは今朝もばりばり元気です。

今日から「キャベツモリモリ食っていいぞ令」が発令されましたので
調子に乗ってバリバリキャベツ食ってます。
勿論生デス。
ハイ。


ところでエコーとレントゲンでは
めぼしい異物というのは見られませんでした。

とはいえ、飲み込んだのはとうきびの芯。
植物性のものは金属などの分かりやすい異物(っていっていいものか?)と違い
あまりはっきり映ることはないそうなのです。

しかし、この次の段階だと
全身麻酔で胃カメラ…になってしまうとのことで
それはあまりにもぐりさんの負担も大きいので
とりあえずキャベツ食って様子見ましょう、ということになりました。


何でキャベツなのかといいますと
ぐりさん、今回は空腹時の嘔吐が多かったのです。

ヒトの胃炎でもそうだと思いますが
空腹時に胃酸が出すぎて気持ち悪くなってゲーというのがありますよね。

そこで、胃酸を押さえて胃粘膜の修復を助けてくれるのに大活躍!! なのが
天然の胃腸薬・キャベツなのさ。

キャベジン(=ビタミンU)が豊富に入っていますからね。
ぐりさん、しっかりキャベツ食って胃酸をコントロールするように。

食事間隔も少し調整しないといけなくなりました。
晩ご飯を少し遅くして、
その分朝食との間に軽い間食を入れてみようと思っています。

とはいえダイエット中ですからね。
せいぜいキャベツだな!!

ということで、現状としてはまだ様子見が続いておりますが
ぐりさんはキャベツで療養中ということで
ここにご報告いたします!

本当にいろいろとご心配+アドバイスなどありがとうございました★
大変参考になったし心強かったです!



ところで。

レントゲンを撮った結果、意外なことが判明いたしました。

何とぐりさん、肝臓が小さい

「これは余談で今すぐどうこうではないんですが」
という前置きがあり、小肝症についてのお話がありました。

実はコレ、最近純血種の子には多いのだそうです。


肝臓といえば解毒の臓器です。
解毒って言っても人間も犬も進んで毒飲んでいるわけではありません。

でもお酒飲みすぎたら、
アセドアルデヒドを分解してくれるのは肝臓ですし
風邪薬だって、最終的には肝臓で分解されちゃいます。

要は日常生活で取り入れるさまざまな物質で
そのままだと身体に有害なものをきちんと分解して
排泄できるようにしてくれるのか肝臓の働き。

で、ぐりさんその肝臓が小さいということは
解毒に関しては、ちょっとキャパが小さい、と考えるのが正しいようです。


食物の消化の過程で発生する腸内の有害物質を分解してくれるのもやはり肝臓なので
その働きが追いつかないと、
食欲が減退し、食べなくなっちゃう子もいるのだとか。

幸いぐりさんは、食べたいことは人を踏んづけても、押しのけてでも食べたい犬ですので
今のところ、特に弊害っていうほどのこともありません。

また、肝臓が小さいことで
いちがいに寿命が短いとか、そういうこともいえませんので…という
獣医さんの説明でした。




ついでにもう、質問できるときにしてしまえ、と
気になっていた胃炎と手作り食の関係についても聞いてみましたが
(野菜を食べた翌日に吐くような気がしていたので)
特に手作りと胃炎は関係ないそうです。

ほっ。


そして今回は、ホリスティックケア・カウンセラーの基礎知識として
犬の内臓の働きについてはきちんと理解していたため
獣医さんのお話もスムーズに聞くことができました。

勉強しておいて、本当によかったと思います。



で、そうなると。

ぐりさんの標準より小さい肝臓を長く大切に使うためにも
肝臓にやさしいご飯を頑張って姉さん作りますよ。

肝臓をサポートしてくれる食材もいろいろあるしね。
レバーだっていいし、シジミなんかもいいのよ。
白菜もGOODだし。

美味しく食べて、今ある身体を大切に使って
ぐりさんは長生きしてほしいデス。

というわけで、また手作りこつこつがんばりますので
ぐりさん、これからも元気でいてくださいね。


↑Coming Soon!! メルマガ登録は随時受付中♪




↑「犬」「旅行」「北海道」で参加中!!
1日1回、1クリック。いつもありがとうございます~!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
↑ワンクリックしてもらえると嬉しいデス!

★「ぐりさんのトレードノート。」も更新中!
[PR]
by fly_to_roof | 2007-09-10 07:09 | 犬そだて