●元盲導犬パピーの黒ラブ「ぐり」が看板犬のぐり石けん。犬のアロマテラピーや手作り食、ドッグマッサージについての情報を発信します!
by fly_to_roof
プロフィールを見る
画像一覧
犬の手作り食無料メールセミナー
★犬の手作りごはんの疑問を解消する8日間無料メールセミナー配信中!!★



こんな疑問をお持ちの方、不安を感じておられる方へ

「キャベツを与えすぎると、犬の甲状腺が腫れる?」
「犬に生卵の白身を与えてはいけないの?」
「犬に牛乳は良くないっていうのは本当?」
「犬にブドウを与えると腎臓障害を起こすというのは本当?」

ペット食育指導士(上級)、ドッグホームケアセラピストの諸橋直子が上記の疑問を分かりやすく解説しています。不安のお持ちの飼い主さんのお役にたてれば幸いです。

>>今すぐ無料で受講を申し込む!!




【犬のためのアロマ+リンパマッサージテキスト無料配布中】


Office Guriの「ドッグアロママッサージ」セミナーで実際に使用されているテキストをご自宅で学べるようアレンジして無料で配布しています。

既に多くの飼い主さんがこのテキストで学ばれています。マッサージが初めての方でも「家でも簡単にできました!」「愛犬が毎晩マッサージをせがんでくるのがたまらなく嬉しいです!」と効果を実感していただきやすい内容です。

→アロマテキストの無料ご請求はこちらから!!


【犬が身近で出会う中毒植物】


公園で出会う植物、自宅の観葉植物、庭の草花・・・。そんな身近な植物の中にも、犬が誤って口にすると中毒症状を起こすものがたくさんあることをご存知ですか?

Office Guriでは、そんな身近な植物の中で特に気をつけていただきたいものをリストアップし、電子書籍として配布しています。

→テキストの無料ご請求はこちらから!!


黒ラブ:ぐりプロフィール


●ぐり
2005年6月8日、北海道札幌市生まれ。在住。女の子。父オディ×母グッチの6番目の子。盲導犬パピーとして生まれる。適正検査の結果、キャリアチェンジが決定し、姉さんの家の子になりました。現在は「ぐり石けん」の社長を務めるのんびり犬。




●Naokoプロフィール


●諸橋直子(姉さん、Naoko)
1974年12月25日、北海道札幌市生まれ。在住。A型。
インテリアメーカー、広告会社勤務を経て、犬好きが昂じて「ぐり石けん」を立ち上げました。


保有ライセンス:ペット食育指導士(上級)、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物飼養管理士(2級)

【ぐり石けん】
犬のためにひとつひとつ手作りしている犬用石けんシャンプー「ぐり石けん」。
オリーブオイルを主原料に、植物素材にこだわって、無添加で作っています。

● ぐり石けんHPはこちら

【須崎動物病院:栄養スープの素】


病気の回復期や、術後で体力が落ちている時に、体のエネルギーをセーブしながら栄養が摂取できる「栄養スープの素」。獣医師で手作り食の臨床経験が豊富な須崎先生プロデュースで安心♪ 元気な犬にももちろんオススメです!
実際に使ってみました!レポートはこちら。


【ホリスティックケア・カウンセラー養成講座】
GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

現在、私が犬の仕事を始めるための、はじめの基礎となった知識を身につけた講座です。 今後、犬の仕事をしたい方に特にオススメです。 家庭でのケアを充実させたい方のための知識も学べます。⇒詳細の確認と無料資料請求はこちら。



【フレッシュドライフード Now!】


ぐりのキャリアチェンジ後、何か良いフードはないかな? とお試しキャンペーンでトライアル下のがきっかけで、お気に入りフードとなりました♪食材の新鮮さと安全にこだわりたい方にお勧めです。⇒実際に使ってみました!レポートはこちら!

【リンク集】
Office Guri公式サイト
ぐり石鹸ストア
ぐり石鹸FC2支店
メルマガぐり通信登録
メルマガぐり通信バックナンバー
Office Guri Facebookページ
みんなのぐり、とその姉さんOfficial

フォロー中のブログ
ワンコのかあさんからの便...
隠居の幸せ貯金箱
三浦市の ハーイ! 2代...
ゆったりと
TIKILOVE
go!go! LUKE ...
駅風呂やめました本舗
range life
私的ツール・ド・フランス...
あんずとラブ
シッポを振って♪どこまで...
いぬ日和。時々寄り道。
カテゴリ
全体
ぐりのごあいさつ(プロフィール)
食事
野菜ごはん
生活
犬そだて
作品
旅行だよ

けんこう
アロマテラピー検定
FX
アロマテラピー
バッチフラワーレメディ
ハンドメイド・ソープ
アロマ・インストラクター対策
花そだて
BOOK KEEPING!!
キャンプ!
セミナー*
ホリスティックケア
犬の手作りごはん・食育
プロフィール
製品レビュー
犬のための電子書籍ライブラリ
未分類
以前の記事
2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
2010年 11月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
タグ
(888)
(856)
(749)
(100)
(94)
(83)
(76)
(64)
(60)
(54)
(34)
(29)
(27)
(18)
(13)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
犬
画像一覧
ちょっと気になる記事。キシリトール。
さきほどニュースをチェックしていたらこんなのを拾いました。

要注意! キシリトール 犬には「毒」
■含有ペット菓子、なお流通

低カロリーで虫歯の原因になりにくいとされ、
人間用の食品では砂糖の代わりに広く使われている甘味料のキシリトール。

ところがアメリカ獣医学協会が
キシリトールは犬には有害となる危険性を指摘した。

日本のペットフードメーカーや小売店などは
キシリトールを除いた製品を開発中だが、
店頭には依然としてキシリトール含有のペット用菓子類が並ぶ。
国内でも中毒症状が起きているとみられ、
愛犬家は注意が必要だ。(記野重公)

(後略)

※ニュースソースはこちら



そ、そうなの?

安易に不安をあおられるのは要注意ですが、
手持ちのわんこのオヤツはチェックした方が良いかもしれません。

犬の健康に影響を及ぼす量を、この記事では
「犬の体重10キロあたりキシリトール1グラムの摂取で治療が必要になる」
としています。
製品によって、含有量は微量…というものもあるだろうし
全部が全部NG!! ではないと思うのですが
単品で食べるとは限らないし、複数のオヤツを同時に食べる習慣のあるわんこだと
やっぱりちょっと心配。


犬の健康や栄養素については、まだまだ研究段階なのだなー、と
改めて思いました。

アメリカではわりあい、こうしたデータが豊富なので
参考にしつつ、わんこの健康について
慎重に考えていこうと思うのです。

※ニュース記事全文をMOREにコピーしてありますので
ご覧になりたい方はご参照ください。



↑「犬」「旅行」「北海道」で参加中!!
1日1回、1クリック。いつもありがとうございます~!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
↑ワンクリックしてもらえると嬉しいデス!


★「ぐりさんのトレードノート。」も更新中!





要注意! キシリトール 犬には「毒」
7月9日6時7分配信 産経新聞

■含有ペット菓子、なお流通

低カロリーで虫歯の原因になりにくいとされ、
人間用の食品では砂糖の代わりに広く使われている甘味料のキシリトール。
ところがアメリカ獣医学協会がキシリトールは
犬には有害となる危険性を指摘した。
日本のペットフードメーカーや小売店などは
キシリトールを除いた製品を開発中だが、
店頭には依然としてキシリトール含有のペット用菓子類が並ぶ。
国内でも中毒症状が起きているとみられ、
愛犬家は注意が必要だ。(記野重公)

キシリトールを人間が摂取しても血糖値を急に上昇させることはないが、
同協会などが昨年10月に行った発表によると、
犬がキシリトールを摂取すると逆に強力なインスリン分泌作用が働き、
血糖値が急激に低下するという。30分ほどで元気がなくなり、
ふらつき、虚脱などの症状が表れ、ときには生命の危険もある。
「犬の体重10キロあたりキシリトール1グラムの摂取で治療が必要になる」とし、
少量でも症状が出る可能性はあると指摘している。

米動物中毒制御センターが扱った犬のキシリトール中毒は、
2004年の約70件から05年は170件に急増、
06年は8月までで114件。背景には、
ガム、クッキーなどキシリトール含有製品の増加があるという。

日本では統計や正式な報告例はないが、
岩手大学農学部の鈴木忠彦准教授(獣医薬理学)が
獣医師らから聞いた症例では、空腹時などに、
甘味料としてキシリトールだけが使われたおやつやフードを食べ、
直後に散歩に出た、などの条件が重なった場合に発症しているようだという。

中毒にいたるキシリトールの量は不明で、
他に砂糖や、ブドウ糖源があれば、比較的中毒は起きにくいという。

ペットフード工業会は昨年10月中旬、
加盟社に「安全性を確保してから使用するように」と通達したが、
今もペットショップなどには、キシリトール配合商品が並ぶ。

アイリスオーヤマ(仙台市)は、
中型犬(体重10~20キロ)用の
ガム(130グラム中キシリトール0・65グラム)などを販売している。
「アメリカ獣医学協会の見解に照らして安全性に問題はないと判断した」
と説明するが、
8月以降はキシリトールを省いて製品をリニューアルするという。

スーパー、ジャスコなどを運営するイオン(千葉市)は、
オリジナルブランドのガムを継続して販売している。
「30グラムのガムでもキシリトール含有量は0・45グラムで安全性に問題はない。
一度になくすと愛用者に不便をかける」という理由だ。
だが、製造は中止し、他の甘味料を使用した商品を開発中という。

各社とも、自社の商品だけを摂取するとして
「安全性確保」と販売継続の根拠にしているが、
現実にはガムやクッキーをいくつか食べ合わすことも考えられる。
鈴木准教授は
「安易に人間と同じような食べ物を与えないよう注意が必要だ」
と指摘している。

※ニュースソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070709-00000905-san-soci
[PR]
by fly_to_roof | 2007-07-09 09:19 | 犬そだて